デグチの奮戦日記

 LAN DISKによるマルティメディアファイルサーバ

DSCF0057.JPG

買って来たLANDISKはHDL-120U。http://www.iodata.jp/prod/storage/hdd/2003/hdl-u/index.htm
つまり120GのハードDisk。初めから最も安い最小容量ものをわざと買って来て、中のHDだけを交換して使う予定だった。
「wizd on LANDISK」http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/2936/
を参考に300GのHDに交換。LinuxのOS部分を丸ごとコピーし、ついでにtelnet、FTPなどの機能とWizdを追加して入れたが、rootのパスワードを初期値から変更したため、IO DATAからのファームウェアUPができなくなり、再度インストールし直しを行った。
(元の買ってきたばかりの120Gの中身をそのまま20Gの別のHDに丸ごと保存してとっておき、何かあったら戻せるようにはしている。元の120Gは現在仕事場の遅いWinマシンに流用している。)
結局、landisk_telnetd_v2.0.zip(先駆者に感謝します)を使い、telnetだけを入れrootのパスを初期値から変更しないで使っている。FTPなどはインストールをやめた。そのため、wizdは共有領域に持って来て、そこでrootの権限で実行して動かすことにした。USB2の外付けHDケースの安いのをdos/vショップより購入して180Gを2台接続して、シンボリリンクにてWizdより読めるよう、telnetにてOS部に改良を加えた。これによって、LANDSKは本来のLinkPlayerソフトとwizdがポート番号を異に同時に起動している。
現状では、MacとWinからファイル共有すると文字化けが生じるため、もうしばらく使い込んで今後は、netatalk2やsamba3を入れたいと考えているが、IO DATAからのファームウェアUPがほとんど無くなってからと考えている。もう一台LANDISKを買って、本当にLinuxBox化して、我が家のFreeBSDサーバ同様の機能を全て持たせたいとも考えているが、最近はどうもパワーが無くなっていきている(年をとってきたためだろうか・・・)。同じような機能を持つ玄箱http://www.kuroutoshikou.com/products/kuro-box/kuro-box.html
についても同様なことをやってみたい。というより、LinuxBox化ではなくFreeBSD Box化してみたい。
いつになるのだろう・・・・・。

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード