デグチの奮戦日記

 直ったクォードESL-63

クォードESL-63がやっと直って来た。修理に出して2ヶ月半、修理依頼の予約から考えると5ヶ月近くかかった。
結局パネル交換は1枚で済まず、2枚交換。ESL-63には4枚のコンデンサーパネルがあるそうだが、できれば4枚全部交換した方が良いと、修理屋から言われたが、全部交換するとESL-63の新品が買えそうなくらいになるので止めた。今度、もう一方のチャンネルが壊れたり、他の2枚が壊れたらもうこのスピーカは投げるしかない。
KICX0554.JPG
今は仮に、妻専用のプラズマの横に設置されたが、いづれ真空管で鳴らしてみるのが楽しみである。ジョージアンⅡをマルチにする前には、このクォードはボーカルが良く、これでよくユーミンなどを聴いていたが、マルチにした今、どんな軍配となるのかを自分では楽しみにしている。

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード