デグチの奮戦日記

 炭酸水素の温泉

炭酸水素の温泉に行きたいと妙高の関温泉に向かった。
途中、天気は何とか雨は降らないまでも、どんよりした北陸特有の黒い空。糸魚川からフォッサマグナを眺めつつ、山中を抜け戸隠へ立ち寄り、炭酸水素の温泉を求めて妙高高原の関温泉「はつねや旅館」に泊。赤茶色のお湯で肌もツルツル、なかなか良かったが、私は、同じ炭酸水素泉なら、チョット上流にある燕温泉の白く濁った感じの方が好きかもしれない。翌日は何とか晴れたが、晴れと雨が同居したような冬空に、遠くの高い山々は白く雪化粧していた。天気が良くなる事を祈って紅葉を観るため志賀高原へ。なんと志賀高原では積雪あり。蓮沼の辺りは紅葉と雪化粧でたいへん綺麗だった。
KICX0650.jpg

志賀高原から秋山郷を経て野沢温泉へ抜けるドライブ。5センチ位の積雪だが、車のタイヤは当然ノーマルで、ビビリながら林道を抜けた。途中、FR駆動の車が坂道で登れないために立ち往生しているのを数度見ながら、何とか野沢温泉に抜けた。林道中のもみじの紅葉はさすが綺麗。
KICX0657.jpg

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード