デグチの奮戦日記

 BDをいじってみる

某社のブルーレイレコードプレーヤ、11月1日発売で、11月6日に発注をかけたのだか、品薄とかで何とまだ入荷しない。発売日からもう品薄状態で、1ヶ月以上経ってもまだ手に入れられないなんて、メーカの新発売する日が無理だったのか、まったく馬鹿にしている。客が手に入れられない物をテレビでバンバン宣伝するあきれたメーカだと悟った。

bd drive.jpg昔、BSデジタルでワンスコピーが始まる前に、D-VHSに録画しておいたHDの「利家とまつ」や「地球大進化」etcをなんとかBDで保存しておきたいと考えていたのが発注の理由だったが、入手できなきゃどうにもならない。

とうとう待たされている事に我慢できなくなり、どうしてもBDをいじってみたくなり、おかげでパソ用のBDドライブ LG電子GGW-H20Nを手にいれた。さらに、キャプチャーボードのMonsterXやDVI切替えのために(?)、GAME Switchなるものを手にいれて、D-VHSからパソへキャプチャできるようにした。

 

しかし、BDドライブを手に入れ、キャプチャできるようになると、本来の「利家とまつ」のバックアップ目的はちょっとどこかにいってしまい、パソで「ふぉにゃ」の練習。友人より市販物をお借りし勉強。あっという間に40Gbyte程度のあれもあっさりと「ふぉにゃ」可能となってしまった。絶対「ふぉにゃ」不可能なようにするための規格だったんだよね。何だったんでしょう・・・。こんな簡単にできちゃって・・・。

今のところBD-Rの25Gが800円後半、50Gが2500円程度とまだ高価なため、BDに焼くより320Gで8000円台のハードDisk(HD)に「ふぉにゃ」したデータをとっておく方が安い。そのため、パソで「ふぉにゃ」を見ることができるように、いままでホームネットワークによるDVD映画鑑賞に使っていたHTPC(既述)のグラボをHDCP対応のグラボ(玄人志向Radeon HD 2400 PRO)に取り替えた。さらにHTPCについているDVD-Rドライブは排除し、代わりに20G~40Gのふぉにゃファイルを保存したHDをHTPCにいつでも抜き差しできるようにも改変し、ファイルモードで「ふぉにゃ」を観る設定に。プロジェクタ(三菱2010)で観る「ふぉにゃ」は綺麗で満足できるものであった。

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード