デグチの奮戦日記

 PDPの買い換え

5年ほど前に購入したパイオニアPDP-503を買い換えた。きっかけは新しいパイオニアのPDPが発売されたということで、展示会に行ったのが縁だった。今回のパイオニアはこだわりのプラズマを開発したらしく、わざわざ展示会を近くのホテルで開催する意気込みもあり、会場で一見したときの映画画面の色の美しさに私も強く感動していたのだったが、結構、高価だったし、まだ今のヤツを使って5年ほどだったのでもったいないと考えていた。 moto.jpg  

 しかし実家のテレビが4対3のブラウン管テレビで、かなりボケて画面が見にくかった事、現在のテレビが地デジ対応でないため、別チューナコントロールであった事、BDを見ることが可能になっても、きれいなHDMI接続で見ることができない事などなどの理由から、今のPDP-503を実家に渡しクロの60型に買い換えることとした。

kuro60.jpg PDP-6010HD、さすがに感動の綺麗さである。映画を観たときはさらに感動である。

そうこうしているうちに、注文してもなかなか入荷しないブルーレイレコードプレーヤが入荷したとの連絡が入り、年末年始は綺麗な画面でテレビを見、映画をBDで楽しむ予定である。それにゆっくり「利家とまつ」等のHD画像で録画したままとなっているD-VHSテープやハードDiskレコーダの中身が整理できそうだ。

追記 2008.3.4 パイオニアはプラズマパネルの生産をやめて、パナに委託するらしい。本当ならショックだ。

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード