デグチの奮戦日記

 DVHSからBDへ

巷ではHD DVDが負けたとか負けないとか。私はBD一筋。

TOSHIBAのDVHS機で過去に録り貯めてあった「利家とまつ」や「地球大進化」など、まだワンスコピー前のDVHSテープを大量に保存してあったが、何せ湿気の多い北陸。テープのカビとDVHS機械の故障への不安から、せっせとBDへ変換中。

bd2.jpg

ダビングをやっていて判ったのだが、ワンスコピー時代のテープやWOWOWの映画のテープも、本来だとテープからBDへ変換できないはずだが、なんとIO-DATAのRec-Potをうまくかみ合わせると、ワンスコピーが関係なくなる。ただし、Rec-Potを再生直後、即座にDVHSを再生しBDの録画ボタンを押すという、超原始的手動操作が必要。

それでなくても、どうもTOSHIBAとPANASONICとのiLink相性が悪く、DVHSとBD RecorderでのiLink接続がよく切れたり、認識しなかったりする。その上、SHARPのHD RecorderとBDとのiLink接続は全く問題なく、あっさりとHD Recorderに録画したものをBDへ移動(move)できるが、TOSHIBAのHD RecorderとBDとのiLink接続ではまったく反応しないという有様。もうこの時からTOSHIBAはiLinkやるならHD DVDを買え!!といっているのだろうか・・。

bd.jpg

IO-DATAのRec-PotとBDとのiLink相性はパッチシ。それどころか、先に書いたようにワンスもののテ゜ープをBDにコピーするときは便利。そのうえ、どううまくやって行ったのか判らないのだが、Rec-Potに録画したワンス物もBDにコピー禁止信号を無視してコピーしてくれた(Rec-Potは古い初期型であるためmove機能は無い)。未だに不思議である。

 

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード