デグチの奮戦日記

 デジタル化へ

ずっと使っていた銀塩カメラのコンタックスT2をとうとう引退させることにした。

t2-2.jpg

なんと言っても、いつも気に入って使っていたフイルムがこの田舎では手に入らない。

フイルムはフジフィルムのリアラをつかい、その時のASAは80として撮影する。どんな時もストロボを強制発光させ、現像所はロッキーチャンピオンの機械があるところを選ぶ。

こう友人より具体的に教わって、こだわりをもってこのT2を12年近く使ったが、確かに他とは違う写真をたくさん撮ることができた。

今はHDビデオカメラを使い、Hi-Vision動画を中心に撮影を楽しんでいるが、たまにT2カメラ撮影すると、銀塩の場合にはフィルム代に、現像代に、プリント代に、 Tvs.jpg PHOTO CD代。結構金がかかるため、デジタル化したいとは昔からずっと考えていた。

  妻はこの銀塩と同メーカのコンタックス デジカメ Tvs Digitalを利用し綺麗な写真を撮っているが、コンタックスT2と同様に、こだわりを持ったカメラとするのにどんなデジカメが良いか。私はずっと探っていた。で、最近になってとうとう決断したのが、シグマのDP1。  

 

dp1.jpg T2と同様にコンパクト性を重要視して、あえて一眼レフカメラを使用することにはしなかったのに、結局、フードを付け、フィルタを付け、と、本来の携帯性がだんだん無くなって来ている。いつでも持ち歩いて、撮りたいときにいつでも撮れなきゃ意味なしと思っているのだが、だんだん持ち歩きが面倒になってきそうで、自分としては心配である。  

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード