デグチの奮戦日記

 暑いのなんのって!!

やぁ~!!

暑いのなんのって。メタボまっしぐらの私もこの体型、けっこう辛いが、このWebのエンジンであるサーバも連日の30℃越えに悲鳴が聞こえて来た。この暑さの中、24時間ずっと動きっぱなし。

SDIM0985.jpg仕事を終えて自宅に帰ると、このサーバのある部屋は34℃。で早々にクーラーをポチッと入れて涼し~くして、ではネットでも楽しもうかとWindowsマシンを起動してIEをダブルクリック。アレ?、エ?、ネットにアクセスできない。

で、見るとサーバが死んでる・・・・・。DNS停止。この暑さの中ずっと朝から晩まで一日中動いているのだから当然だよね。幸い一部のファイルがおかしくなっていただけで、fsckで修復完了。

 

で、あわてて、システム部分全体を「これdo台Master」を使って丸ごとハードdisk1台をバックアップ。

41FJ1DRHZG.jpg <--これがなかなか重宝していて、何~にも考えず、つなぐだけでまることバックアップ。便利。サーバのfreeBSDシステム部だけを1台のハードdiskに設置し抜き差し可能にしてあるため、それを引っ張り出して、同じ用量の別のハードdiskにまるごとコピー。120GByteで約1時間ほど放っておくだけで完了。

こいつ、CDを圧縮無しにハードdiskに録音するヤマハのハードdiskプレーヤ(CDR-HD1500)をいずれgetした時には、これで中のHDを丸ごと複製できるらしい。

ついでに今使っている地デジなど動画のハードdiskレコーダにも同じことができないかなぁ~なんて期待しているが、これは大甘か~。ダヨネ(笑)。

 

サーバには600GByteのHDを5台追加設置しているが、SDIM0993.jpgこれも夏の間ずっと動いているのはあまりに可哀想なので一時休止することにし、サーバに設置したまま電源コネクターを外して休止状態に。そういえば、このHDはSeagate製で、5年補償がついているので万が一故障しても大丈夫だか、データは帰って来ないし~なんて考えながら、fstabのマウントからこれらHDのマウント設定を除外し、FreeBSDシステム再起動。

お、お~!!。システム部だけで起動完了しました。これでメイルやWebなど重要なものは動いたままで、この部分は万が一故障しても、その場合は「これdo台Master」で同じものを作り置きしてあるのでOK。

あ、このブログの、今書いている投稿記事は万が一の時は消えちゃうか・・・。ホームネットワークで端末から動画観るのは不便になるが、これでちょっと暑くても一応ひと安心!!。約1ヶ月から2ヶ月の辛抱だ。

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード