デグチの奮戦日記

 パソの補強

私は今、パソコンにMacの2台、Windowsの2台の計4台を平行して常用しているが、今回、その内Winマシンの1台、Athlon64 3000Hzを補強し、BDの編集等の作業に十分な能力が得られるようCORE2シリーズに変更することにした。 

SDIM2176.jpg

←2台のWinマシンの他方は過去に記載した通り、すでにCORE2DUO E6600のCPUとLG電子 GGW-H20NのBDドライブを入れ、バリバリ作業を行っていたが、最近の作業ではDVDメディアを卒業しBDメディアに移り、明らかにAthlon64 3000HzではCORE2DUOマシンより非力さを感じていた。

 

 

SDIM2175.jpg そこでAthlon64 3000Hzの補強マシンとしてCORE2QUARDに変更したマシンを組み上げた。→

スペックは

CPU INTEL Core2 Quard Q9550
メモリ  4Gbyte
マザーボード ASUS P5QPRO
グラボ ASUS EN9600GT/HTDI/512M

これに神ドライブといわれるパイオニアのBDドライブBDC-S02JとBUFFALOの8倍速まで可能なBR-816FBS-WHをつけて完了。

既存のCORE2DUOではXP、Vista、OS X86の3種類のOSで起動させていたため、今回のこのCORE2QUARDでも 3種類の起動を予定(現在2起動)。そのためシステム起動用のHDには、メイ ンテナンスに便利となるよう容量のできるだけ小さい物を取り付けている。

これらMac&Winの4台以外に、現在 、サーバ用としてCPU AthlonXP2200が FreeBSDのPC-UNIXで動いているが、いずれは今回のAthlon64 3000Hzが代替えとしてUnix化され動き始める予定である。

おまけ 

最近スパムメールがひどい。毎日10~20通の英語や文字化けメイルが無関係の内容で送られてくる。そこでsendmailに1つ対策を施した。今までaccessファイルで受信拒否の相手アドレスを1つ2つ書き込んでいたが、最近のスパムにはこんなもんではとても通用しない。そこでここを参考にして、メール送信の問い合わせがあったとき、グリーティングメッセージをわざと少し遅らせ、返事を返していないのに勝手に送りつけてくるメールは「迷惑メール」と判断するような手法を施してみた。
さて、これで幾分かスパムが少なくなるだろうか・・・・期待している。これでも駄目なら、しばらくの間はuser unknownとなるように今のアカウントを変更するしかないかもしれないが、そうなるとおおきな不都合が生じる。

 Comments(0)

No comments found.

 Post a Comment

 

コメント用フィード