デグチの奮戦日記

 model209サブウーハーをメインウーハーへ

 聴いている EVのジョージアンIIは殊に思い入れのあるスピーカであるため簡単に買い換えるつもりがない。そのためマルチアンプ化を行ってこのスピーカを生かそうとして来た。アクティブネットワークに変更することにより、内蔵のネットワークを使わずスピーカ直づけのケーブル。さらにツィータにTADを使うなど順次いろいろ改良してきたが、46cmのウーハーでのちょっとモハモファした感じにきこえる低域には、なんとかしたいとずっと考えて来た。このモファ感はきっとバフレフの音であろうと推察し、このスピーカを使う限りは・・・とあきらめかけていたが、結局、この46cmのウーハーを休止して、新たにKEFのサブウーハーmodel209を導入することになった。一般にサブウーハーというと5.1サラウンドのホームシアター用に使われる場合が多いが、今回の私の場合はもちろんホームシアター用としてではなく、純2ch ステレオオーディオ用であるため、サブウーハーではなくメインウーハーとなる。

IMG_5205.JPG

瞬発力が高く、前評判の高いこのサブウーハー、実は行きつけのオーディオ屋さんに既に取り付けられており、そのすばらしさはもう視聴済み。ピアノの音がまるで生のピアノ演奏を聴いているように聞こえ、設置にはすごく期待をしていた。

しかしこのサブウーハーの度迫力、我がオーディオルームは木造の2階にあるため、どんな地響きによりどえらい振動が起こるやもしれないと恐れ、まずは、オーディオ屋さんにお願いして、試聴ということでセットアップしてもらった。

しかし、案の定もう聴いてしまったら離せない。確かに低域の効き過ぎた曲にはちょっとビンビン部屋がうなってしまい困ってしまうが、そこはこのウーハーのボリュームを絞って聴けばなんとか凌げる。それよかクラッシックを聴いた時のオーケストラ全体の迫力というか、その存在感に・・・参った・・・。という訳で、オーデイオシステムは以下のように変更となった。

このサブウーハー、1000Wのアンプを自分で持っているので、必然的に、今まで46cmを動かしていたラックスマンのモノアンプB10は30cmのミッドバス駆動へ担当移動。ミッドバスに使っていたel34プッシュブルの真空管アンプATM-1はTAD等のスーパーツィータ駆動の担当となり、ホーンツィータは今まで通り真空管アンプATM-300の300Bの音色を響かせてもらうことにした。詳細は以下の図の通り。

myaudio6.jpg 構成図pdf 

 

 

 

 

 

めちゃすっきりとした現代スピーカーのような音となった。これでLinn Recordからダウンするバロック系のクラッシックがよさそう・・・。Linn DSやこのサブウーハーを導入し、今までほとんど聴かなかったクラッシックを聴く自分へと変化しつつある私自身に驚き始めている。まだまだこのサブウーハーを入れたばかりであるため、もう少々試行錯誤が必要なようだが、まずは純なオーディオ用としてセットアップされ、十分威力が発揮されそうで超楽しみである。さぁ~、あとはホーンツィータをコントロールするグライコでオーディオ関係は一時卒業である。その後は・・・。このサブウーハーをホームシアター用に使えるようにしてみたい。

3.JPG 2.JPG 1.JPG

 

 Comments(2)

#1: Posted by Takeshi @ January 31, 2011 [REPLY]
user-pic

はじめまして!
ジョージアンを使っていらっしゃる方を久々にみつけました。
嬉しいです。
私もじつは使っておりまして、
ジョージアン2をCROWNstudioReference1ブリッジモノラルで、
ならしております。
4ウェイ化を狙い、
スーパーツイーターにESSのハイルドライバーを使おうと、
購入してそのままです。
プリにはアレヒのV6ミキサー、
DACはユニバーサルオーディオの2192、
トランスポートはパソコンがTASCAMを使用しております。
是非情報交換していきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

#2: Posted by deg @ February 1, 2011 [REPLY]
user-pic

Takeshi さん、デグチです。コメントをありがとうございます。
ジョージアン2をお使いなのですね。同じですね。どちらの地域で買われたのでしょうか。もしかして同じだったりして。私はもう購入して15年近く、実は前勤務先の退職金を全投資して購入した記念の品なのです。ですから思い出もたっぷり。なんとか生かしてやろうといろいろ頑張って使っていますが、現代のスピーカと違う、一昔前の考え方で作られたスピーカであるため、いろいろ四苦八苦しています。
4 way化されようとしていらっしゃるのですね。確かにジョージアンのホーンツィータだけでは寂しいでしょうし、高域をうまくならすと低域も生き返るようになってくれますから、そのままにせずにぜひ頑張られてください。でもブログでご覧の通り、私の場合は低域もなかなかの難物でしたよ。ESSのハイルドライバーってネットで調べましたが、かなり珍しいスピーカなんですね。勉強になりました。
こちらこそ、情報交換どうぞよろしくお願いいたします。私は近くのオーディオ屋さんにマルチアンプ化を勧められ、現在に至っています。マルチにしてまずはこのスピーカが大きく生き返ったと思っております。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 Post a Comment

 

コメント用フィード