デグチの奮戦日記

 デザイン一新

ブログのデザインを一新した。

oldblog.jpgサーバOSのFreeBSDをVer6.3から7.1に上げたついでに、Movable Typeのバージョンも4.261に上げてみた。すると、なんとブログがSafariで見ると2段目(右側)を一瞬表示した後、下の方に表示され、期待している表示ができず形が崩れるではないか。エクスプローラでは何とかうまく表示ができるが、「将来、これは使えないぞ!!」と慌てて、ブログのデザインも一新することにした。しかし、案の定トラブル発生。

私のブログデザインは、従来より Movable Type MEMOのbzbell さんの作品に当方の都合の良いリンクや画像を追加して使っていた。そこで今回も同サイトよりMovable Type 4.23 用テンプレートの1つを頂いて来たが、インストールすると再構築時にエラーが出てうまくいかない。bzbell さんにご指導いただきながら何とかうまく構築できるようになったので、改めてリンクや画像を追加して完成。

いかがでしょう・・・。

そう言えば、当方のサーバで仮想サイトを設定していたため、Movable Type MEMOの注意書きにある、「Ajax は必ず同一ドメイン内であることが必須です。」にもバッチリ引っかかってしまいました。そう、ApacheにおいてVirtualHostを設定して使っていたのです。1つやると次から次への面倒が生じますよね。全く。でも、ま、なんとか対処できました。

これで少しはこのブログの書き込みが増えるのではないかと・・・・・。

 ストリートビュー機能に感動

御存知ですか?。

Googleマップで地図上のポイントからの風景が360度ぐるりと見る事ができるんです。

現在可能な地域は東京、大阪、仙台、札幌、函館の近郊らしいのでやってみました。

map1.jpgGoogleマップで懐かしい元勤務地の住所を入れ、検索。ストリートビューに対応している地点では、現在地に人の形をしたアイコンが表示され、このアイコンをクリックすると風景画像がGoogleマップ上に表示される。

なんと、そこを通るバスやタクシーまで写ってくるではないですか。懐かし~い。

もうあっという間の10年でした。思わず住んでいた処の住所も入力して検索。あぁ・・・こんなに変わっちゃったんだ~。10年一昔ですから・・・・・・・。

どうぞ皆様もやってみてください。ここまで来たか~!!と感動する機能です。

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl

すばらしい~!!

 DLNA系サーバー

我が家のホームサーバについて紹介する。
我が家にはPC Unix (freeBSD)で構築したサーバが常時動作しており、de9.jpのドメインやメイル、Webなどインターネット関連の管理やサーバ機能として働いているだけでなく、約2テラの容量を持つHD(HDが7つ内蔵)に動画、写真や音楽を保存し、我が家の各部屋にLANで接続設置しているパソコンとのファイル共有やIO-DATAのLinkPlayerの写真・動画サーバ、iTunesのオーディオサーバとして稼働している。こんな大げさな紹介を書いたが、実際には、Wizdとmt-daapの両アプリケーションがBSD上で動いているだけなのだけれど。

最近このメディアホームサーバにもSyabas系とDLNA系があり、上記のWizdはSyabas系であり、DLNA系はマルチベンダで家電・PCでの相互接続性を実現を目指した規格で、今後主流となりそうだということを最近初めて知った。私としては将来はきっとWizdサーバしかない。Wizdサーバの時代が必ず来ると思っていたが、よみハズレ。先日、SONYのフルーレイディスクレコーダがDLNA対応になっていることをオーディオ屋さんからちょっと聞き、ネットを調べ直して、改めてDLNA系なる物があることを初めて知ったのだ。お恥ずかしい。

それならUnixサーバをDLNAサーバにすれば、またいろいろ楽しめそうじゃないかと安易に考えたのだが甘かった。DLNA系のソフトはDiXiMぐらいしかなく、このDiXiMのWindows版は市販されていても、Unix版は業者向けのみのようで、どうも個人的なUnixサーバ上にインストールできそうにない。新しき興味、どうやってDLNA系サーバーを構築しようか・・・・。fusefs-kmodなるものがあるそうだか、FreeBSD4.xでは対応せず、6.xが必要らしい。我が家のサーバのFreeBSD、バージョンも最近とんと上げていないので近いうちにリニューアルさせようかとも考えている。でも、いろいろなデーモンがこのバージョンのOSで動いているため、相性など考えるとめんどくさそう・・・。

そういえばおまけだが、
このブログはMovable Type 2.661で動作しているが、同じ様なブログエンジンというかポータルサイトエンジンにXOOPS 2.0.16a JPを、またブログエンジンとしてWordPress ME2.0.9をそれぞれ導入してみた。導入は簡単。各サイトからソースをダウンして、解凍して設定して完了。Movable TypeのこのブログをExportしそれぞれに転送して完了。

○Xoops版はこちら○
○WordPress版はこちら○
両方共に、当ミラーサイトして動作している。いずれ、このどちらかにしようと考えている。

 xoopsを設置してみた

ポータルサイトを構築できると言うxoopsを設置してみた。mysqlの導入が必要だとかで、あわててサーバにmysqlをインストール。ブログや掲示板など、1つのエンジンでモジュールを使っていろいろできるみたいだが、さて、何に使おう。これから、どのモジュールで、何に使えるかをゆっくり勉強してみたい。

xoopsの導入に伴い、apacheのバーチャルホスト機能を利用して、1台のサーバでinaka.myftp.orgとwww.de9.jpで違うサイトにアクセスするように設定した。バーチャルホスト機能は便利である。今回は1台のサーバから2つのwebサイトを異なるドメインで発信したが、この機能を使って、逆、ダイアルアップ接続のIPが1つしか無いネットワーク環境であっても、2つも3つもの違ったサーバから1つのドメインでwebの発信もできそうである。

試験運用xoopsはここです。