デグチの奮戦日記

 DVIの切り替え器

dv8400-400.jpg
DVD Videoを観るために、Marantz製 DV8400と三菱製DLPプロジェクタのLVP-D2010をDVIデジタル接続することにした。DVI端子は元来、自作HTPCと接続していたが、MarantzのDVD player(SACD Player)をDVIで接続すると、なんと明瞭に写ることか。今までD端子接続していたが、この明瞭さの魅力にとりつかれ、DVI接続にすることにした。(制止画の場合にはDVIの方が綺麗かもしれないが、動画の場合には、DVIで三菱のDLP に信号を入れるより、画像変換を三菱DLPに任せた方が綺麗かもしれないとアドバイスを受けたにもかかわらず・・・・) ついでにIO DATA製 AVelLinkPlayer AVLP2/DVDGをDVIで接続した時には愕然とした。もう字の明瞭感はたまらない!!。

で、DVI切替器が必要になり、安易に探し出した物はサンワサプライ製のSW-EDV2。

パソコンで切り替えられるなら、プロジェクタでもうまく行くであろう。24ピンの全電気信号が切り替えできれば理論上はOKのばず。な~んて勝手に判断して購入してセットすると、DVD playerはおろか、HTPCでもDos画面からWindowsXPの起動画面まではうまく写るが、その後真っ暗となりプロジェクタは信号検索状態になったまま。MarantzのDVD playerなんて、画面が表示したり、暗くなったりの点滅状態のまま。
で、サンワサプライのサービスや三菱のサービス、Marantzのサービスなどに質問のTEL入れても、どうしても解決せず。Marantzなんか冷たいもので、「HDCP対応であればうまく行くはず」と言われるだけ。こっちは、「理論上接続していればHDCPなんぞ、2本のケーブルをよじってつないだのと同じはず」と思い込むのみ。DVIケーブルが長すぎる(DLP-切替器間8m、切替器-DVD player間1m)ためにうまく行かないのかと、DVIケーブルのできるだけ高能率・最短のケーブルと換えてみてもうまく行かず・・・・・・う・・・・・。切替器を通してもちゃんと写るのはIO DATAのAVLP2/DVDGのみ。なぜ、IO DATAのだけうまく行くんだ????・・・・・・う・・・・・・。
SW-EDV2_FT3.jpg
結局、インターネットからHDCP対応の切替器(GEFEN INC.製 4X1 HD Switcher)を見つけ、購入。「もしかして、これもうまく行かないのでは」とダメな場合を覚悟して取り替えてみるとあっさり、MarantzのDVD playerも、自作HTPCも、IO DATAのAVLP2/DVDGも切り替えて写るようになってしまった。この切替器がやはりHDCP対応なためだろうか?。サンワサプライの切替器は全端子切り替えていないのだろうか?。
hdtvswitch.jpg
このGefen製のHD Switcher、日本ではHeavymoonという会社(http://www.heavymoon.co.jp/)で買えたのだが、DVIのリピータやiLinkのリピータまであるみたいで、なかなか感動した。(今iLinkも10mのロングケーブル(沖電線)を使い無理している。) 今後、HDMIとなっても切り替えができそうだし、どうしてこのような機器は海外にしか無いか不思議である。
DVIで接続するなら、他の日本製のチェックはしていないので断定はできないが、ネットなどを見るとやはりうまく写らない可能性が高そうで、少々値ははるが、今のところGefen製が確実なようだ。
そういえば、私が使っているモニタformac galley 2010の切替器も、MacとWinを切り替えて使っているが(Bi-System DVI-ADC 切替機)、ADCとDVIを切り替えて2台のパソコンで使える。この切替器の形状をみるとGefen製の物と大変似ているので、同社製のものかもしれない。すばらしい・・・・・。

 サウンドスクリーン

パワーアップしたプロジェクタ。三菱のLDP-D2010を入れました。
projector.jpg
今回の改良の柱はマルチ化とサウンドスクリーン

screen.jpg
スピーカの前を完全に覆っても音がちゃんと聞こえる。
おフランス製で注文してからできあがるまで1ヶ月以上かかっちゃいました。
screen2.jpg
スクリーンリサーチ社のBlack Backing Layerとかいうやつです。
さすがにTHX社のご推奨。ルーカスも見たんですかね、このスクリーン
http://www.hometheater.co.jp/sr/press/

 さすが、これは古くなって

液晶プロジェクション Sharp製 XV-T2Z

さすが、これは古くなった。というか、時代の変化とともに、技術が進歩したため、今の製品と性能に大きく差がついてしまった。
DVI接続のHigh Vision対応のものを手に入れなくてはと考えているが、現在のところ懐が寂しく保留。

よく使っていた頃、「液晶版の左右のずれ」という故障が生じたことがあった。液晶板そのものの交換ということで、修理代に大枚をはたいたことが記憶に残っている。光源の玉交換は1万くらいだったろうか・・。もう・・・5年くらい交換していない・・・。もう、投資できないなぁ・・・。

DSCF0052.JPG

 ライブラリ

基本的にはコンサートDVDとLDが中心です。
洋楽、邦楽をとわず、CDはボーカルが好きなのでたくさん集めています。
LDは集め始めてもう20年近くなるでしょうか。過去の遺産が多数あるため、リビングに置いているAVセットにはLD専用プレーヤ、マイルームに置いているAVセットには、DVD&LDコンパチプレーヤを置いていますが、プレーヤが壊れたらどうしょうと不安です。今や近くの量販店でもプレーヤを見ることができませんし、中古屋でも以外と高価ですからね。DVDも基本的にはコンサート系が多いでしょうか。松任谷由実のコンサートライブなどを楽しんで時々見ています。(最近のライブは私には、寂しい限りなので、早々に引退した方がいいのかなぁ・・なんて時々考えることもあります(笑)。)
テープはHi Visionを録画したDVHS。もちろん本物のDVHSのテープはほとんど無く、SVHSをDVHSとして録画したものがほとんどです。昔のSVHSやhi8の記録ライブラリは、一時期、やっとテープメディアから離れることができたと思い、DVD-Rにそのほとんどの物をダビングしていましたが、我が家にプラズマTVが来てからは、またテープメディアに逆戻り。ブルーレーザのレコーダはまだまだ高価なので、いつになったら完全にテープメディアから離れられるのでしょう。金沢は特に湿気が高くカビが生えやすいのでテープは心配です。

DSCF0072.JPG

エヘヘ・・・
巨人の星(DVD)、スタートレック(LD)。スターウォーズ(LD)、ドラゴンボール(DVD)が見えちゃいました?・・・・・・・・
おはずかしい・・・・・

DSCF0073.JPG

LDと製作DVD、DVHSで撮ったHigh Visionの「利家とまつ」などです。