デグチの奮戦日記

 マイルームに置いているAVセット

DSCF0048.JPG

マイルームに置いているAVセットです。

映画を観るための100インチプロジェクタ
S-VHSやDVD&LDの再生装置
音にこだわった5.1chを再生するサラウンドシステム
音にこだわったステレオシステム

どちらかというと、映像というより音狂いとなるために、集めたものです。
「あとからやられる方のために」 いくらかの情報を書いてみます。
こだわり設置していますので、で参考にならないかもしれませんが・・・・。

 東芝製 HD&DVDレコーダ RD-XS53について

RDXS53.jpg


http://www3.toshiba.co.jp/dvd/j/lineup/hdd/rd-xs53.html
・・・・・・・・・・現在作成中・・・・・・・・・

 ○LinkPlayerについて

LinkPlayer.jpg


http://www.iodata.jp/prod/multimedia/video/2003/avlp1dvd/
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-SanJose/5108/
自宅内に音楽、写真、動画ファイルの自作サーバ(容量720Gbyte)を置き、さらにIO DATA製のLAN DISK(容量720Gbyte)との組み合わせでwizdを動かし、ホームマルチメディアネットワークを実現している。サーバやLAN Diskについての詳細はあとで。PlayerのIO DATA製 AVelLinkPlayer AVLP1/DVDは家庭で見るテレビで映画、写真、音楽ファイルをLAN経由で再生するプレーヤだ。次世代の家庭はこうなるのかなぁ と感じさせる物で、あたらし物好きの私も早々に取り入れた。サーバからの各種マルチメディアデータをテレビで再生してくれ大変便利である。欠点としては、Webの各所で取り上げられているように、リモコンの反応性が悪い事。DVD Player部がショボく、時に買ってきたDVDビデオの映画すら、再生途中で止まってしまう事。などである。IO DATAの商品は、機能性としては十分満足しているが。外観上や操作性については、先に上げたRec-POT S HVR-HD240同様、どうも作りが工大生が作ったような製品で、安っぽい感じがしてしまうのは、私だけでしょうか。

 ○自作HTPCについて

sn45g.jpg


http://jp.shuttle.com/product/barebone/specs_b.asp?B_id=17
自宅は一昨年の12月よりBフレッツが来ている。そこでネット上のストリーミング放送を観るために、自作したHTPC(DOS/Vマシン Shuttle SN45G)はAthlonXP1800+で240GHDで直接プラズマTVにVGAで接続している。このHTPCのCPUファンはヒートパイプ式であったり、ビデオカードにファンレス物を利用しているがやはり、電源ファンが回り始めると少々うるさい。カノープスのMTV2000Pを内蔵してテレビをHD録画できるようにしたが、妻などは使い勝手が悪くほとんど利用していない。テレビの画質はまずまず。プラズマTVのチューナで観るアナログ放送よりちょっとベタな画質である。しかし、ストリーミングを観たり、DVDビデオを観たりする場合は、ビデオカードのATI RADEON 9600SE 128M(SAPPHIRE)の性能もあってか十分綺麗な色を再現していると思う。このHTPCは自宅内LANによりの自作サーバ(PC Unix)とつなぎ、マルチメディアファイルをsamba3で共有している。
DVDレコーダにはSONY DRU-510AKを入れたが、現在レコーダとして利用することはなく、再生専用となっている。